薬師如来坐像 やくしにょらいざぞう

その他の画像全3枚中3枚表示

彫刻 / 平安 

平安時代・9世紀
木心乾漆造、漆箔
1躯

頭から腰まで一木から彫出し、漆と木粉を混ぜたペースト状の木屎漆(こくそうるし)という素材で表面を成形して仕上げる、木心乾漆(もくしんかんしつ)造りという技法でつくられる。肉どりや衣の皺(しわ)などに漆の特質を生かした粘りのある造形がうかがえる。こうした技法や表現は奈良時代を中心に流行した。

作品所在地の地図

関連リンク

薬師如来坐像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日光菩薩坐像
薬師如来坐像
月光菩薩坐像
乾漆力士形立像
菩薩立像
ページトップへ