楷行草雑臨古帖巻 かいぎょうそうざつりんこじょうかん

その他の画像全2枚中2枚表示

 /  / 中国 

劉墉筆
制作地:中国
清時代・乾隆51年(1786)
絖本墨書
27.0×245.0
1巻

宰相・劉統勲(りゅうとうくん)の長子です。貴顕の家に生まれた劉墉は、乾隆16年(1751)進士となり、高官を歴任しました。董其昌の流れを汲み、『淳化閣帖【じゅんかかくじょう】』から鍾繇(しょうよう)・王羲之(おうぎし)を学びましたが、瀟洒な書風とは異なり、濃墨を用いた重厚な表現に特徴があります。帖学を代表する人物の一人です。(20150102_t082)

作品所在地の地図

関連リンク

楷行草雑臨古帖巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

墨池鼎足巻
墨池鼎足巻

劉墉・梁同書・王文治筆

行書少陵述古軸
行書贈三橋詩巻
江村漁浦図巻
江村漁浦図巻

張若澄筆

臨徐浩書張九齢告身巻
ページトップへ