蓮花下絵和歌巻断簡

 / 江戸 

本阿弥光悦筆
江戸時代・17世紀
紙本墨書
1幅

 金銀泥を用いて大胆に描く蓮下絵は、俵屋宗達(たわらやそうたつ)の筆と伝え、独特のたらし込みの手法がかいま見られる。その上に光悦が『百人一首』の和歌を散らし書きするが、その書は下絵と見事な調和を醸し出している。もと巻子本であったが、関東大震災で大半が焼失した。

作品所在地の地図

関連リンク

蓮花下絵和歌巻断簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鹿下絵新古今集和歌巻断簡
鹿下絵新古今集和歌巻断簡

俵屋宗達(絵)・本阿弥光悦(書)

芥子下絵和歌巻
芥子下絵和歌巻

本阿弥光悦筆

紙本金銀泥鶴図下絵和歌巻
草花図下絵和歌
草花図下絵和歌

書:本阿弥光悦 下絵:宗達派

鶴図下絵和歌巻
ページトップへ