文化遺産オンライン

芥子下絵和歌巻

けししたえわかかん

作品概要

芥子下絵和歌巻

けししたえわかかん

/ 江戸

本阿弥光悦筆

江戸時代・寛永10年(1633)

彩箋墨書

1巻

 下絵に芥子坊主(芥子の果実)を胡粉と雲母で描き、『新古今和歌集』巻第11の詞書と和歌を散らし書きする。晩年の筆と推測され、筆線に震えが散見される。料紙および下絵のさまざまな白が、墨が内包する多様な黒を対比的に引き立てている。         
ルビ:けし ごふん きら ことばがき

芥子下絵和歌巻をもっと見る

本阿弥光悦筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

光悦 / 和歌 / 阿弥 /

関連作品

チェックした関連作品の検索