青山白雲図巻 せいざんはくうんずかん

その他の画像全4枚中4枚表示

絵画 / 江戸 

田能村竹田筆
江戸時代・文政10年(1827)
紙本着色
24.7×181.5
1巻

竹田は豊後(大分県)岡藩に儒者として仕え、37歳で隠居した後は、各地を旅し、親交を深めた友人たちと詩書画三昧の生活を送りました。本作は竹田51歳の時の作品で、長崎春徳寺の僧鉄翁に贈られたもの。竹田には珍しく、潤いのある米点を多用しています。

作品所在地の地図

関連リンク

青山白雲図巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松巒古寺図
松巒古寺図

田能村竹田筆

七言絶句
七言絶句

田能村竹田筆

紙本淡彩風雨渡江図〈田能村竹田筆/己丑ノ年記アリ〉
紙本淡彩松巒古寺図〈田能村竹田筆/天保四年ノ賛アリ〉
旧竹田荘<BR/> 附 田能村竹田墓
ページトップへ