文化遺産オンライン

松巒古寺図

しょうらんこじず

作品概要

松巒古寺図

しょうらんこじず

絵画 / 江戸

田能村竹田筆

江戸時代・天保3年(1832)頃

紙本墨画淡彩

135.2×30.3

1幅

重要文化財

儒学者である頼山陽+らいさんよう+の依頼で制作、上京の途中で山陽の死を知り、二人の共通の友人であった木米+もくべい+に贈った作品です。竹田最盛期の作で、明るく耀く繊細な画面が秀逸です。豊後+ぶんご+(大分県)岡藩の儒官だった竹田は、藩政への不満から職を辞し詩画三昧+ざんまい+の日々を送りました。

松巒古寺図をもっと見る

田能村竹田筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

竹田 / 田能 / Chikuden /

関連作品

チェックした関連作品の検索