芦雁図 ろがんず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

松丘 (1765-1833)
しょうきゅう
江戸時代後期
紙本墨画
縦125.7cm,横43.3cm
1幅

 松丘(1765~1833)は、和歌山・吹上寺の住職で、法名を円水と称した。豊後竹田の田能村竹田ら全国の文人たちと交流し、また紀州では野呂介石や崖南仄らと文化芸術サロンを主催した。紫陽花の絵を好んで描き「紫陽花和尚」と呼ばれたが、画域は幅広く、山水や四君子にも味わい深い作品が多い。この芦雁図は、松丘のものとしては大作で、ひとつがいの雁と芦を洒脱な筆づかいで描いている。余白に落雁を詠んだ自作の七絶を添える。

作品所在地の地図

関連リンク

芦雁図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

芦雁図  
芦雁図  

長吉

芦雁図襖
芦雁図襖

伝宗湛・宗継

金箋山水図
金箋山水図

野呂介石

紙本淡彩風雨渡江図〈田能村竹田筆/己丑ノ年記アリ〉
野呂介石 雪景山水図
ページトップへ