筍図 たけのこず

絵画 /  

伝銭選(銭舜挙)筆
明時代・17世紀
絹本着色
21×31.5
1幅

銭選、字は舜挙(しゅんきょ)は、南宋末から元時代初期にかけての文人画家。しかしこれらは銭選の作ではなく、南宋院体画を模した明代の擬古作(ぎこさく)と考えられる。日本ではこのような着色花鳥画を銭選の作とすることが多いが、その背後には明代花鳥画の成熟と日本への部分的流入が想定されよう。

作品所在地の地図

関連リンク

筍図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瓢壷図
瓢壷図

伝銭選(銭舜挙)

草虫図
草虫図

伝銭選(銭舜挙)

絹本墨画淡彩高士遠眺図
絹本著色竹塘宿雁図
清明上河図巻
清明上河図巻

張択端款

ページトップへ