文化遺産オンライン

鶉図

うずらず

概要

鶉図

うずらず

絵画 / / 中国

伝 李安忠

りあんちゅう

中国

南宋時代

絹本着色

縦24.4㎝ 横27.8㎝

一幅

東京都港区南青山6-5-1

根津美術館

国宝

赤い実のなった枸杞(くこ)や穂のついた雄日芝(おひしば)が生えるなか、1羽の鶉が歩む姿を描く。鶉は、精緻な羽描きによって量感豊かに表現されている。わずかに俯瞰(ふかん)視されることで、鶉の運動感や空間の奥行きが強められている。花鳥画を得意とした南宋の画院画家・李安忠筆の伝承の由来は不明であるが、その実在感に富んだ表現は、本作品を宋代花鳥画の名品たらしめている。足利義教(よしのり)の鑑蔵印「雑華室印(ざっけしついん)」が捺されており、同じく足利将軍家に蔵され、菊を配したなかに鶉を描く別の1幅とともに対幅をなしていたことが知られる。

鶉図をもっと見る

伝 李安忠をもっと見る

公益財団法人 根津美術館をもっと見る

キーワード

/ / 足利 /

関連作品

チェックした関連作品の検索