風雨山水図 ふううさんすいず

絵画 /  / 中国 

伝夏珪
かけい
中国
南宋時代
紙本墨画
縦87.9㎝ 横35.2㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-1
根津美術館
重要文化財

画面左下隅に「夏珪」とも読まれる落款がみられる。夏珪は馬遠と並んで寧宗期(1195〜1224)に”馬・夏”を称された画院画家であり、李唐・劉松年を交えて南宋四大家とされたが、後2者にくらべ、その画蹟の真偽がつかみにくい。ただ伝えられるように馬遠画とは異なって墨気が多く、高い位置に遠山を配する対角線構図の描写手法が本図にも認められる。 「風雨山水」と呼称されるように、露根の古木が風雨に吹きちぎられそうななか、傘をすぼめた一人物が土橋を渡って水榭に向って急ぐ情景を描いており、このように橋を渡ろうとする人物を画中におく伝夏珪が好む図様であったとみられる。画面左上に足利義教の蔵印と提説される「雑華室印」(白文方印)が捺される。

作品所在地の地図

関連リンク

風雨山水図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水図
山水図

伝夏珪筆

雪景山水図
雪景山水図

伝周文筆

夕陽山水図
雪景山水図
雪景山水図

孫君沢筆

洞山渡水図
洞山渡水図

馬遠筆

ページトップへ