夕陽山水図 ゆうひさんすいず

絵画 /  / 中国 

馬麟
ばりん
中国
南宋時代
紙本墨画淡彩
縦51.4㎝ 横26.6㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-1
根津美術館
重要文化財

はるかに望む遠山は夕陽の余光をまとっている。手前は湖水で、かすかに波打つ水面近くを4羽の燕が飛んでいる。筆者の馬麟は画院画家を輩出した馬氏一族、なかでも高名な馬遠(ばえん)の子で、自らも寧宗(ねいそう)と理宗に仕えた。対角線にもとづく簡潔な構図、慎重かつ的確な筆遣いは、馬遠派山水画の典型ともいうべきものである。賛に添えられた款印により、本作品は宝祐2年(1254)、理宗が娘である周漢国公主に贈ったものであるとわかる。賛と画は別絹で、もとは対題形式であったものが、わが国に将来されて後、書院を飾る一幅として改装されたと考えられる。 

作品所在地の地図

関連リンク

夕陽山水図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

風雨山水図
風雨山水図

伝夏珪

洞山渡水図
洞山渡水図

馬遠筆

江天遠意図 
江天遠意図 

伝周文筆・大岳周崇他11僧賛

絹本著色夕陽山水図〈馬麟筆/〉
山水図
山水図

伝夏珪筆

ページトップへ