枯木牧牛図 こぼくぼくぎゅうず

絵画 /  / 中国 

毛倫
もうりん
中国
元時代
絹本墨画
縦104.0㎝ 横52.0㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-1
根津美術館
重要文化財

画面の中心は、繊細な筆致を重ねて描かれた、独特の姿をした枯木である。その奇怪な枝振りの枯木は蟹爪樹(かいそうじゅ)とも呼ばれ、李成(りせい)と郭煕(かくき)に代表される五代・北宋の華北系山水画の伝統、そこに連なる元代李郭(りかく)派の系譜をひくものである。枯木の下には、牧童が牛を曳く。あらがう牛の量感あふれる体躯の描写もすぐれている。元代枯木図の優品である。筆者の毛倫は紹興(浙江省)の人、在野の文人で牧牛図や樹石画を得意としたと伝えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

枯木牧牛図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本墨画古木牧牛図〈毛倫筆/〉
絹本著色雪汀遊禽図〈羅稚川筆/〉
山水図
山水図

伝閻次平筆

馬図  
馬図  

祥啓

鶉図
鶉図

伝 李安忠

ページトップへ