文化遺産オンライン

花鳥堆黒輪花盆

かちょうついこくりんかぼん

作品概要

花鳥堆黒輪花盆

かちょうついこくりんかぼん

漆工 / / 中国

制作地:中国

元時代・13~14世紀

高3.7 径30.7

1枚

見込みいっぱいに牡丹の花枝と一対の尾長鳥を、堆黒で表現しています。牡丹の花びらや葉が翻るさまを立体的かつ精緻に彫り表わしており、元時代の彫漆の特徴を示しています。このような彫漆の盆は日本に盛んに舶載されたとみられます。

花鳥堆黒輪花盆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 堆い / / 彫る

関連作品

チェックした関連作品の検索