文化遺産オンライン

青磁琮形花入

せいじそうがたはないれ

作品概要

青磁琮形花入

せいじそうがたはないれ

陶磁 /

中国・南宋官窯

南宋時代・12~13世紀

陶製

高19.7 口径8.2 高台径12.7

1口

銘文:「忠厚初」刻銘

重要文化財

南宋の都、現在の杭州にあった宮廷の御用品を焼く官窯で作られた青磁の花入です。円筒形に直方体を組み合わせたような不思議なかたちは、中国古代の玉器琮(そう)にならったもの。南宋の官窯では、この作品のように古代の玉器の形を模した青磁が数多く作られました。
見どころは、黒に近い灰色の土に厚くかけられた釉薬(ゆうやく)の深い色あいと、土と釉の収縮率の違いによって一面に生じた、貫入(かんにゅう)と呼ばれるひび割れです。
江戸時代初めから昭和の初めまで尾張徳川家に伝わった名品で、花入れ、または水指として用いられていました。

青磁琮形花入をもっと見る

中国・南宋官窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 青磁 / Song

関連作品

チェックした関連作品の検索