文化遺産オンライン

金銅灌仏盤

こんどうかんぶつばん

作品概要

金銅灌仏盤

こんどうかんぶつばん

金工 / 平安

平安時代・12世紀

銅鍛造 鍍金

1口

重要文化財

 釈迦の誕生日(四月八日)は仏生会(ぶっしょうえ)、花祭りといい、誕生釈迦像に甘茶をかけて祝い、供養する行事が行われる。この時、釈迦像を安置し甘茶を受ける盤が灌仏盤である。側面全体に宝相華唐草文を線刻で表わす。現存する灌仏盤の中でもっとも華麗な作である。 

金銅灌仏盤をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

釈迦 / / / 誕生

関連作品

チェックした関連作品の検索