金銅蓮華唐草文金剛盤 こんどうれんげからくさもんこんごうばん

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 / 平安 

平安時代・12世紀
銅鋳造・鍍金
1面
重要文化財

 金剛盤は金剛鈴(こんごうれい)・金剛杵(こんごうしょ)を奉安する台。盤は不整形な三葉形や四葉形で、盤下に三脚を鋲(びょう)止めする。本作の盤面は四葉形で、四葉の切込部の透かしを蓮実形とし、盤面内区に蓮華唐草文、外区には宝相華文をのびやかに表している。平安時代の金剛盤の名品である。

作品所在地の地図

関連リンク

金銅蓮華唐草文金剛盤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅金剛盤
金剛盤
金銅灌仏盤
金銅金剛盤
金銅宝相華唐草文潅仏盤
ページトップへ