金剛盤 こんごうばん

工芸 / 奈良県 

鎌倉時代 14世紀/正和3 1314
銅製 鋳造 鍍金 獣脚
縦30.8 横22.0 高4.5
1面
西大寺(奈良)伝来

 金剛盤は修法をおこなう壇や卓の上に置かれ、金剛鈴と金剛杵をのせる台として用いられる。通常、三角形に近い不整の四方花先形の盤に三脚を付ける形をとる。本品は大振りな作りの金剛盤で、胎面は厚みを持つ。前縁の出が小さいのに比べ後縁の張り出しが強く、縁の稜は鋭く、断面が三角形で内側に一条の添縁を表す。脚は猫足形で重厚な作りを見せる。盤の裏面に刻銘があり、正和3年(1314)に奈良・西大寺真言堂の東仏壇具として制作されたことがわかる。鎌倉時代の金剛盤の基準作として貴重。

奈良国立博物館の名宝─一世紀の軌跡. 奈良国立博物館, 1997, p.290, no.60.

作品所在地の地図

関連リンク

金剛盤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅金剛盤
羯磨
金銅蓮華唐草文金剛盤
五鈷種子鈴
独鈷杵
ページトップへ