文化遺産オンライン

金銅八仏種子五鈷鈴

こんどうはちぶつしゅじごこれい

作品概要

金銅八仏種子五鈷鈴

こんどうはちぶつしゅじごこれい

金工 / 平安

平安時代・12世紀

銅鋳造・鍍金

1口

重要文化財

 鈴身に金剛界四仏、胎蔵界四仏、あわせて八仏の種子を円相内に表した五鈷鈴。鈷はすんなりとした形で、唐草文を線彫りし、把手の中央の鬼目は4個の花文にしている。鈴身の種子の周りも連珠文、華文、渦巻文などがあらわされ、装飾性が豊かである。
ルビ;はしゅ きもく (2005/03/08_h12) (2014/05/08_h031)

金銅八仏種子五鈷鈴をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

鈴身 / 鈷鈴 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索