文化遺産オンライン

台付機巧輪舞人形

だいつきからくり りんぶにんぎょう

作品概要

台付機巧輪舞人形

だいつきからくり りんぶにんぎょう

染織 / 江戸

茗荷屋半右衛門・川合谷五郎正真作

江戸時代・正徳3年(1713) (Shotoku 3)

1具

台座の棒を回すと、若衆をはじめとした人形が三味線の音に合わせて回転する仕掛けのからくりです。台座の中には正徳3年に作られたことが記されています。人形の一体ずつを見ても精巧でありつつ、ふっくらとした味わいのある見事な出来栄えで、見る者を飽きさせません。

関連作品

チェックした関連作品の検索