石山切(貫之集下) 身をなけきて いしやまぎれ つらゆきしゅうげ

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 平安 

藤原定信筆
平安時代・12世紀
彩箋墨書
1幅

"白の胡粉地に七宝繋ぎ文を雲母摺りした和製の唐紙です。加賀金沢の前田家に伝来した「金沢本万葉集」や当館所蔵の国宝「古今和歌集(元永本)」にも同じ文様がみられます。筆者の藤原定信はリズムよく筆を運び、冒頭の「身をなけ」を太く書くなどの強弱が美しいです。
ルビ:ごふんじ、しっぴうつなぎ、きら、かなざわぼんまんようしゅう、げんえいぼん、
"

作品所在地の地図

関連リンク

  • ルビ:ごふんじ、しっぴうつなぎ、きら、かなざわぼんまんようしゅう、げんえいぼん、
    "
    ,石山切(貫之集下) 身をなけきて,藤原定信筆" />

石山切(貫之集下) 身をなけきてチェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊勢集(石山切)
伊勢集(石山切)

伝藤原公任筆

古今和歌集切(巻子本)
古今和歌集巻二十断簡(関戸本)
石山切(貫之集下)
和漢朗詠集巻下断簡〈帝王(唐紙)/藤原定信筆〉
ページトップへ