文化遺産オンライン

伊勢集(石山切)

いせしゅう いしやまぎれ

作品概要

伊勢集(石山切)

いせしゅう いしやまぎれ

/ 平安

伝藤原公任筆

平安時代・12世紀

彩箋墨書

1幅

「本願寺本三十六人家集」から昭和4年に分割された『貫之集』下および『伊勢集』の断簡を「石山切」という。切名は、本願寺の旧所在地である石山(現在の大阪城付近)にちなむ。
白色の唐紙と水色の唐紙を破り継ぎした上に銀泥の草や鳥が散らされている。ルビ:ほんがんじぼんさんんじゅうろくにんかしゅう、つらゆきしゅう、からかみ、やぶ(り)つ(ぎ)、ぎんでい


伊勢集(石山切)をもっと見る

伝藤原公任筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

石山 / / / 家集

関連作品

チェックした関連作品の検索