業平集(尾形切) おがたぎれ なりひらしゅう

 / 平安 

伝藤原公任筆
平安時代・12世紀
彩箋墨書
1幅

もとは「本願寺本三十六人家集」(国宝、西本願寺所蔵) の「業平集」(冊子本)。江戸時代の初期には分割されており、現在は十数葉が残されるのみである。「尾形切」の名称の由来はさだかではないが、尾形宗謙(1621~87)の尾形家に関わるものと推定される。ルビ:ほんがんじぼん、おがたそうけん

作品所在地の地図

関連リンク

業平集(尾形切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊勢集(石山切)
伊勢集(石山切)

伝藤原公任筆

石山切(伊勢集)
石山切(伊勢集)

伝藤原公任筆

石山切(たまならぬ)
手鑑「たかまつ」(百八十六葉)
高光集切
高光集切

伝藤原為家筆

ページトップへ