倣董其昌山水図軸 ほうとうきしょうさんすいずじく

絵画 /  / 中国 

心樹筆
制作地:中国
清時代・康煕56年(1717)
絖本墨画
184.5×43.8
1幅
銘文:丁酉新秋、法玄宰筆、祝刑母王太夫人七十紫壽、當湖心樹 ; 鈐印「心樹之印」等 ; 鑑蔵印「定静堂」 ; 志超鑑賞

心樹@しんじゅ@は歴史書等に名前のない画家ですが、款記にある「当湖」が浙江省の平湖@へいこ@を指すとすれば、この地域で清時代初めに活動した文人画家かと推測されます。董其昌@とうきしょう@(1555~1617)に倣い、ほのかな光沢を放つ絖本に、濃墨を用いて明暗を強調した山水を描き出します。

作品所在地の地図

関連リンク

倣董其昌山水図軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

書画合璧冊
書画合璧冊

董其昌筆

倣楊補之墨梅図軸
晩樹帰鴉図
晩樹帰鴉図

査士標筆

山水書画冊
山水書画冊

董其昌筆

行書少陵述古軸
ページトップへ