文化遺産オンライン

蘭亭曲水図屏風

らんていきょくすいずびょうぶ

作品概要

蘭亭曲水図屏風

らんていきょくすいずびょうぶ

絵画 / 江戸

松村景文筆

江戸時代・19世紀

紙本墨画淡彩

各154.0×361.2

6曲1双

中国・東晋の穆(ぼく)帝の永和9年(353)3月、文雅の士41人が蘭亭に会し曲水に觴(さかずき)を流して詩を賦しました。このときの詩集に王羲之(おうぎし)が序を作ったのが「蘭亭集序」で、本図はその情景を描いています。景文は町衆に受け入れられた四条派の祖呉春(ごしゅん)の異母弟です。

蘭亭曲水図屏風をもっと見る

松村景文筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索