Literary Gathering at the Orchid Pavilion

Details

Literary Gathering at the Orchid Pavilion

Paintings / Edo

By Matsumura Keibun (1779–1843)

Edo period, 19th century

Ink and light color on paper

各154.0×361.2

6曲1双

中国・東晋の穆(ぼく)帝の永和9年(353)3月、文雅の士41人が蘭亭に会し曲水に觴(さかずき)を流して詩を賦しました。このときの詩集に王羲之(おうぎし)が序を作ったのが「蘭亭集序」で、本図はその情景を描いています。景文は町衆に受け入れられた四条派の祖呉春(ごしゅん)の異母弟です。

Related Works

Search items related to work chosen