文化遺産オンライン

游刃有余地

ゆうじんよちあり

作品概要

游刃有余地

ゆうじんよちあり

絵画 / 大正

横山大観筆

大正3年(1914)

絹本着色

187.8×86.3

2幅

中国の料理の名人丁が、文恵君(梁の恵王)に、技よりも道の探求が牛の解体の極意であることを話す。文恵君は、その話を聞いて養生の秘訣(道)を悟る。『荘子(そうじ)』養生主(ようせいしゅ)第三の第二話に取材した作品。丁と恵王とその妃の衣を大胆に色分けして、画面を構成する。

游刃有余地をもっと見る

横山大観筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

大観 / 横山 / 東京 /

関連作品

チェックした関連作品の検索