灰被天目 はいかつぎてんもく

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 /  / 中国 

制作地:中国
明時代・14~15世紀
高7.1 口径12.2 底径4.6
1口

灰被天目とは、文字通り灰を被ったような艶のない釉調からつけられた呼び名である。福建省の地方窯で焼かれた。釉薬を二重掛けしており、高台際に切り回しの段がある。その変化に富んだ味わい深い釉調が、侘茶の流行とともに、賞玩されるようになった。

作品所在地の地図

関連リンク

灰被天目チェックした作品をもとに関連する作品を探す

灰被天目
灰被天目茶碗(虹)
玳玻釉飛鳥折枝文碗(玳玻天目・鸞天目) 吉州窯
禾目天目茶碗
禾目天目茶碗

中国・建窯

灰被天目茶碗
ページトップへ