灰被天目 はいかつぎてんもく

その他の画像全6枚中6枚表示

陶磁 /    / 中国 

制作地:中国
元~明時代・14~15世紀
陶質
高6.9 口径12.0 高台径3.9
1口

灰被天目とは、鉄釉のうえに灰釉を二重がけしたもので、灰を被ったような釉調からこのように呼ばれます。曜変や油滴、兎毫のような目を引く文様はありませんが、よく見るといぶし銀のように釉色が変化しています。日本では侘茶にかなう器として珍重されました。

作品所在地の地図

関連リンク

灰被天目チェックした作品をもとに関連する作品を探す

灰被天目
灰被天目茶碗(虹)
玳玻釉飛鳥折枝文碗(玳玻天目・鸞天目) 吉州窯
曜変天目
曜変天目

建窯

鼈甲釉天目
ページトップへ