文化遺産オンライン

《跡見刀自肖像》下絵

あとみとじしょうぞうしたえ

作品概要

《跡見刀自肖像》下絵

あとみとじしょうぞうしたえ

大正

黒田清輝筆

大正4年(1915)

カンバス・油彩

34.5×26.0

1面

教育家、日本画家であった跡見花蹊(1840-1926)の肖像画の下絵である。跡見女学校(現、跡見学園)の依頼で、大正4(1915)年に黒田自ら跡見邸を訪ねて制作を進め、完成作はその年の第九回文展に出品、藤島武二から「醇熟したる大家の作風」と評された。

《跡見刀自肖像》下絵をもっと見る

黒田清輝筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

黒田 / 清輝 / / 洋画

関連作品

チェックした関連作品の検索