文化遺産オンライン

男性俑頭部

だんせいようとうぶ

作品概要

男性俑頭部

だんせいようとうぶ

彫刻 / / 中国

出土地:中国・アスターナ・カラホージャ古墓群

唐時代・8世紀

木心塑造彩色

1個

木綿繊維を混ぜた塑土を木芯に巻きつけ、彩色してつくりました。髪の毛など細部の描写は丁寧で、幞頭【ぼくとう】を被った庶民の姿を活き活きと表現しています。両肩に穴をあけて、紙製の腕を通し、着物を着せていました。(勝木氏執筆)

男性俑頭部をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

勝木 / China / Tang / 執筆

関連作品

チェックした関連作品の検索