灰陶加彩辟邪形器座 ハイトウカサイヘキジャガタキザ

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 

高:12.2cm 幅:20.3cm 幅:12.1cm
1基

顔先が短く、虎のような顔をした獅子形の俑で、とぐろを巻いてうずくまるような姿をしている。肩には羽根を閉じたような表現がなされていることから、辟邪を表したものと思われる。胴部には、ヘラ彫りによって毛並みが表され、その上から朱色の彩色が施されている。底はなく、内部は中空となっており、中央に穴があけられている。旗を指すものとして用いられたり、四神のように四方に配して、構造物の台座の一部として用いられたりと、いくつかの用途が考えられる。辟邪は、戦国の頃より、墓の守り神として作られた想像上の霊獣で、顔が馬のように長いものであったり、角のようなものが表現されていたりするなど、種類も様々である。

作品所在地の地図

関連リンク

灰陶加彩辟邪形器座チェックした作品をもとに関連する作品を探す

加彩鎮墓獣
緑釉加彩馬
加彩牛
加彩貼花獣面文壺
辟邪絵
ページトップへ