南京赤絵蓮鷺文手桶形茶器 なんきんあかえれんろもんておけがたちゃき

陶磁 /    

中国・景徳鎮窯
明~清時代・17世紀
磁質
高8.8 口径6.5 底径5.5
1口

かつて大阪の鴻池(こうのいけ)家に五客一組で伝来し、昭和15年(1940)の売りたてで分割された。元来は日本からの注文により向付(むこうづけ)として作られたもの。紫檀(したん)の割蓋を添えて、替茶器に仕立てられている。黒の線描を効果的に用いた絵付けは、理知的な気分をそなえている。

作品所在地の地図

関連リンク

南京赤絵蓮鷺文手桶形茶器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

五彩蓮池文大皿
五彩蓮池文大皿

中国・景徳鎮窯

五彩蓮池水禽文皿
五彩蓮池水禽文皿

中国・景徳鎮窯

古染付寄向付
古染付寄向付

中国・景徳鎮窯

古染付騎馬人物文蓋置
古染付騎馬人物文蓋置

中国・景徳鎮窯

五彩仙桃鹿猿文盤(南京赤絵)
ページトップへ