Quiver

Details

Quiver

Hokkaido Ainu

19th century

Wood and birch bark

1本

矢筒はアイヌ語でアイオプという。二枚の半筒形の材を桜皮で綴(と)じ合わせて、両側に鰭(ひれ)状の板をつけ、樺皮や毛皮で蓋(ふた)をつくるのが一般的な形である。連尺を用いて額から背中に垂らして用いた。獲物の魂を供養するためにイクパスイなどをつけることもあった。

Search by Quiver

Search by Hokkaido Ainu

Search by Tokyo National Museum

Keywords

矢筒 / アイヌ / Quiver /

Related Works

Search items related to work chosen