文化遺産オンライン

外容器(甕)

がいようき かめ

作品概要

外容器(甕)

がいようき かめ

金工 / 平安 / 新潟県

珠洲

出土地:新潟県妙高市 関山神社経塚出土

平安時代・12世紀

陶製

高38.7 口径22.7 胴径36.0

1口

 平安時代末期、日本海側に一大商圏を確立したのが石川県能登(のと)半島の珠洲(すず)窯である。珠洲窯は須恵器の系譜を引き、黒灰色の素地、鋭い成形、胴に巡る斜状の叩きと、いかにも質実で力感に溢れる造形となっている。経塚から経筒外容器として出土した。
(2004/09/01_h14)

外容器(甕)をもっと見る

珠洲をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

珠洲 / / 容器 / 平安

関連作品

チェックした関連作品の検索