如来立像 にょらいりゅうぞう

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 / 鎌倉 

鎌倉時代・13世紀
木造、蒔絵、玉眼
高100.0 光背高122.7 台座高46.0
1躯

中国・宋+そう+時代の像の影響を強く受けた異色の作品です。伽藍+がらん+全体に宋代寺院の再現を試みた京都・泉涌寺+せんにゅうじ+の開山俊芿+かいさんしゅんじょう+の構想による製作とみられ、中国や泉涌寺周辺に同種の姿の作例があります。ただし、本像のように表面を金銀の蒔絵+まきえ+で装飾する例は他に知られません。

作品所在地の地図

関連リンク

如来立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大黒天立像
道宣律師像
釈迦如来立像(清凉寺式)
釈迦如来立像(出山釈迦立像)
阿弥陀如来立像
ページトップへ