文化遺産オンライン

阿弥陀如来立像

あみだにょらいりゅうぞう

作品概要

阿弥陀如来立像

あみだにょらいりゅうぞう

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

木造、金泥塗・截金、玉眼

高97.0 光背高139.4 台座高50.0

1躯

鎌倉時代には、足裏に仏足文(ぶっそくもん)を描き、足枘(あしほぞ)を造らない形式の阿弥陀如来立像が造られた。螺髪(らほつ)の一粒一粒に銅線を巻く技法も、同じ系統の像に時折みられるが、いずれも阿弥陀如来が現実に存在するという感覚を与えるために、採用された手法である。(20140304_h132) 

阿弥陀如来立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

阿弥陀如来 / 立像 / あみだ / 鎌倉

関連作品

チェックした関連作品の検索