阿弥陀如来立像 あみだにょらいりゅうぞう

その他の画像全9枚中9枚表示

彫刻 / 鎌倉 

鎌倉時代・13世紀
木造、金泥塗り・截金、玉眼
像高84.5
1躯

両手に来迎+らいごう+印を結び、前傾しながら左脚を前へ出して歩み寄る姿は、臨終者を迎えにくる様子をあらわす。鎌倉時代にはこうした三尺ほどの大きさの阿弥陀立像が数多く制作された。衣には金箔を細く切って文様を描く截金+きりかね+がよく残っており、美しくも厳かな雰囲気を醸している。

作品所在地の地図

関連リンク

阿弥陀如来立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿弥陀如来立像
菩薩立像
不動明王立像
木造 阿弥陀如来立像
阿弥陀如来立像
ページトップへ