文化遺産オンライン

菩薩立像

ぼさつりゅうぞう

概要

菩薩立像

ぼさつりゅうぞう

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

木造、彩色・截金、玉眼

像高70.9

1軀

切れ長な両眼や涼やかな顔立ち、細身の体つき、彫りの深い複雑な衣の襞+ひだ+など、鎌倉時代の仏師・肥後定慶+ひごじょうけい+(1184~?)の作風に近い特色をみせます。頭髪などをのぞき、彩色や漆箔を施さず、着衣に金箔を細く切った截金+きりかね+を用いるのは、稀少材である白檀+びゃくだん+を模した表現です。

菩薩立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

截金 / / 鎌倉 / crystal

関連作品

チェックした関連作品の検索