文化遺産オンライン

阿難立像

あなんりゅうぞう

作品概要

阿難立像

あなんりゅうぞう

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

木造、彩色、玉眼

総高65.0

1躯

 釈迦如来に師事した十大弟子の一人、阿難をあらわしたもの。眼がつりあがる異国風の顔立ち、牡丹唐草+ぼたんからくさ+の華麗な彩色は、中国・宋代の影響とみられる。当館所蔵の阿弥陀如来立像(伝釈迦如来)に付属したというが、右方に顔を向ける姿勢は三尊構成であったことを思わせる。

阿難立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

立像 / / 鎌倉 /

関連作品

チェックした関連作品の検索