文化遺産オンライン

阿弥陀如来立像

あみだにょらいりゅうぞう

作品概要

阿弥陀如来立像

あみだにょらいりゅうぞう

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

木造、彩色・截金

高78.2 台座高31.8

1躯

像高を周三尺とする像。かつて火災に遭ったらしく、平成9年度の修理前は肉身部の金泥塗りの表面が割れてめくれていた。着衣部には後補の漆箔があったが、修理で剥がしたところ、金泥塗り地の截金文様があらわれた。13世紀前半のやや保守的な仏師の作か。
(2005/06/07_h031 or 2005/03/23_h031)
(しゅうさんじゃく、あ、きんでいぬり、しっぱく、きりかね、もんよう)

阿弥陀如来立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

阿弥陀如来 / 髪際 / あみだ / 立像

関連作品

チェックした関連作品の検索