文化遺産オンライン

阿弥陀如来立像

あみだにょらいりゅうぞう

作品概要

阿弥陀如来立像

あみだにょらいりゅうぞう

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・13~14世紀

木造、金泥塗り・截金、玉眼

高81.8 台座高42.4

1躯

鎌倉時代以降、信仰を集めた阿弥陀如来像の典型的な姿。三尺ほどの大きさで、両手に来迎+らいごう+印を結び、前傾して今まさに臨終者を迎えに来る様子を表わす。手のひらや足裏に仏法を象徴する輪宝+りんぽう+文を描き、より仏の実在感を強調する表現が採用されている。

阿弥陀如来立像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

阿弥陀如来 / 鎌倉 / Kamakura / 立像

関連作品

チェックした関連作品の検索