文化遺産オンライン

阿弥陀如来像

あみだにょらいぞう

作品概要

阿弥陀如来像

あみだにょらいぞう

絵画 / 鎌倉

鎌倉時代・14世紀

絹本着色

128.0x54.4

1幅

両手とも親指と人差指を合わせる来迎印と呼ばれるしぐさをし、足元に蓮華を敷いて雲に乗り、今まさに極楽浄土から目の前に現れた阿弥陀如来の姿を表した図。鎌倉時代に法然の浄土教団で盛んに制作された形式を示す。頭光の筋の間には化仏が描かれている。

阿弥陀如来像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

阿弥陀如来 / 鎌倉 / 来迎 / 浄土

関連作品

チェックした関連作品の検索