文化遺産オンライン

浄土曼荼羅図

じょうどまんだらず

作品概要

浄土曼荼羅図

じょうどまんだらず

絵画

鎌倉時代 13~14世紀

絹本著色

縦128.6 横123.8

1幅

重要文化財

鎌倉時代の作品で西方浄土を描いたもの。画面中央に阿弥陀如来と観音・勢至(せいし)の二菩薩を表し、その左右背後にさまざまな菩薩や随伴者が取り囲んでいる。背景には左右に翼廊を広げた楼閣を、前面には蓮華咲き誇る宝池を描き、阿弥陀如来が極楽で説法する情景を表している。

浄土曼荼羅図をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

来迎 / 鎌倉 / 浄土 / 菩薩

関連作品

チェックした関連作品の検索