文化遺産オンライン

阿弥陀如来立像

あみだにょらいりゅうぞう

作品概要

阿弥陀如来立像

あみだにょらいりゅうぞう

彫刻 / 奈良県

鎌倉時代 13世紀

木造 檜材 一木造(割矧) 古色 玉眼 立像

像高106.5

1躯

 腹部に輪宝(りんぽう)、股間に蓮華形を付けるほか、裸形(らぎょう)に表された像。このまま安置するのではなく、布製の衣服を着せて祀(まつ)っていた。このような裸形像は鎌倉時代から作例が増加し、地蔵菩薩像(じぞうぼさつぞう)や弘法大師像などもあるが、最も多いのは阿弥陀如来像である。鎌倉時代的な写実精神にのっとり、実際に布製の衣服を着せたという解釈がありうるが、同時にまた、この頃に浸透する生身(しょうじん)の如来、すなわち仏像をたんなる偶像としてではなく、生ある存在として崇める信仰とも関わる可能性がある。

なら仏像館 名品図録. 奈良国立博物館, 2010, p.100, no.128.

阿弥陀如来立像をもっと見る

奈良国立博物館をもっと見る

キーワード

Nara / / Museum / the

関連作品

チェックした関連作品の検索