文化遺産オンライン

十一面観音立像 附像内納入品

じゅういちめんかんのんりゅうぞう つけたりぞうないのうにゅうひん

概要

十一面観音立像 附像内納入品

じゅういちめんかんのんりゅうぞう つけたりぞうないのうにゅうひん

彫刻 / 奈良県

善円作

鎌倉時代 13世紀/承久3 1221

木造 檜材 寄木造 漆箔 彩色 截金 玉眼、納入文書:紙本 墨書 巻子

像高46.6

1躯

 少年のような可憐な表情をもつ十一面観音像。現状は黒く古色をかけられているが、腹部の条帛(じようはく)の一部に当初の華麗な彩色と截金(きりかね)が少し見える。像内内刳(うちぐり)部の墨書銘と、納入されていた『金剛般若波羅蜜経(こんごうはんにゃはらみつきょう)』の奥書から、春日信仰を背景に、承久3年(1221)に仏師善円によって造立されたことがわかる。米国・アジアソサエティーに所蔵される地蔵菩薩像(じぞうぼさつぞう)などとともに、春日の本地仏(ほんじぶつ)として制作されたものとみられている。なお十一面観音を本地とするのは春日四宮である。

なら仏像館 名品図録. 奈良国立博物館, 2010, p.102, no.132.

十一面観音立像 附像内納入品をもっと見る

善円作をもっと見る

奈良国立博物館をもっと見る

キーワード

Nara / 地蔵 / / 奈良

関連作品

チェックした関連作品の検索