増長天立像 ぞうちょうてんりゅうぞう

その他の画像全3枚中3枚表示

彫刻 / 奈良県 

鎌倉時代 13世紀
木造 彩色
像高163.2
1躯
興福寺(奈良)北円堂伝来
重要文化財

 甲に身をかため、右手を振り上げて戟(げき)を立てる増長天像。左手を腰にあて、右足を挙げて邪鬼(じゃき)上に立っており、太造りの体型と開口して怒号する形相は迫力満点である。興福寺に伝来し、持国天像(滋賀・MIHOMUSEUM蔵)、広目天像(興福寺蔵)、多聞天像(奈良国立博物館蔵)とともに一組の四天王像を構成していたが、境内諸堂の様子を表す興福寺曼荼羅(こうふくじまんだら)(京都国立博物館蔵)に描かれた数組の四天王像とは、形式が一致しない。等身の立派な作例だがかつての安置堂宇は謎に包まれており、造立年代についても見解が分かれている。

なら仏像館 名品図録. 奈良国立博物館, 2010, p.108, no.140.

作品所在地の地図

関連リンク

増長天立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

多聞天立像
吉祥天倚像
観音菩薩立像
蔵王権現立像
兜跋毘沙門天立像
ページトップへ