兜跋毘沙門天立像 とばつびしゃもんてんりゅうぞう

その他の画像全3枚中3枚表示

彫刻 / 奈良県 

平安時代 11世紀
木造 寄木造 白土地 彩色 彫眼 立像
像高164.0
1躯
井上三郎旧蔵
重要文化財

 京都・東寺には中国・唐から将来され、平安京の守護神として羅城門(らじょうもん)上に安置されたと伝える毘沙門天(びしゃもんてん)が現存する。「兜跋毘沙門(とばつびしゃもん)」と称されるこの東寺像は、宝冠をかぶって外套状を呈する金鎖甲(きんさこう)(鎖を編んだ鎧)をまとい、二鬼(尼藍婆(にらんば)・毘藍婆(びらんば))を従えた地天女(ちてんにょ)が差し出す両手の上に立つなどの特徴がある。本像はその忠実な模像で、原像の精悍な顔立ちや引き締まった体つきもよく再現されている。なお「兜跋」の語源・語義については諸説あるが、近年は毘沙門天がもつ宝塔(ストゥーパ)に由来するとの見方が強い。

なら仏像館 名品図録. 奈良国立博物館, 2010, p.109, no.143.

作品所在地の地図

関連リンク

兜跋毘沙門天立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

毘沙門天立像
多聞天立像
増長天立像
十一面観音立像
色絵毘沙門亀甲文皿
ページトップへ