色絵毘沙門亀甲文皿 いろえびしゃもんきっこうもんさら

陶磁 / 江戸 

鍋島
江戸時代・17~18世紀
磁製
高5.7 口径20.0 底径11.1
1枚

毘沙門亀甲は京都東寺所蔵の中国唐末の兜跋毘沙門天像の甲に同種の意匠があるところから来た名。清朝初期の景徳鎮窯でもしばしば使われ、伊万里、鍋島へと伝えられた。鍋島は持前の入念な細工で唐花や大葉を散らし込み、精絶な技巧で整美を謳い上げた。
ルビ:とばつ けいとくちん いまり なべしま

作品所在地の地図

関連リンク

色絵毘沙門亀甲文皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

兜跋毘沙門天立像
染付岩鹿水禽文輪花鉢
色絵牡丹文蓋物
色絵牡丹文蓋物

伊万里(柿右衛門様式)

色絵丸文菱形皿
色絵藤袴図皿
ページトップへ