文化遺産オンライン

色絵牡丹青海波文皿

いろえぼたんせいかいはもんさら

作品概要

色絵牡丹青海波文皿

いろえぼたんせいかいはもんさら

陶磁 / 江戸

鍋島

江戸時代・18世紀

高5.9 口径20.3 底径11.0

1枚

鍋島藩が将軍家への献上品や大名への贈答品などを焼くために置いた藩窯で焼かれた色絵磁器。細密な青海波(せいかいは)文は、あらかじめ墨で線描きしておき、そのうえから濃(だ)み筆で塗りつぶし、軽く焼くことによって墨を飛ばす墨はじきの技法であらわされている。

色絵牡丹青海波文皿をもっと見る

鍋島をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

鍋島 / 色絵 / / 磁器

関連作品

チェックした関連作品の検索