Dish Handscroll design in overglaze enamel

Details

Dish Handscroll design in overglaze enamel

ceramics / Edo

Nabeshima ware

Edo period, 17th century

高5.6 口径20.4 底径11.0

1枚

赤い花菱文を中心に置く唐草文と、赤い平紐が結ばれた巻軸文とが交互に放射状に並べられている。聖なる経巻を意味する巻軸文は吉祥文様の一種で、宝尽し文の中にもみられる。リズミカルに配置された鮮やかな赤が印象的である。

Related Works

Search items related to work chosen