文化遺産オンライン

如意輪観音菩薩坐像

にょいりんかんのんぼさつざぞう

作品概要

如意輪観音菩薩坐像

にょいりんかんのんぼさつざぞう

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

木造、彩色・截金、玉眼

像高 52.2

1軀

あらゆる願いを叶える如意宝珠+ほうじゅ+の功徳を表した仏で、姿は物思いに耽+ふけ+る王者がモデルです。表面全体は紫檀を思わせる黒色にあらわし、着衣に細く切った金箔を貼りつけて文様とする截金+きりかね+を施すのは、稀少材の檀木を用材とする檀像+だんぞう+を意識したものとみられます。

如意輪観音菩薩坐像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

截金 / / / 鎌倉

関連作品

チェックした関連作品の検索